手織りラグと仲良く暮らすために

こちらはご購入いただく前に必ずお読みいただきたいページです。

皆様にお届けしている絨毯・キリムはすべてお洗濯してから送らせていただいています。 
本来ならば絨毯やキリムは乾燥している地域に適しているものです。 
それとは異なる気候である日本の場合、絨毯とキリムと快適に暮らすためにはちょっとした工夫が必要です。 

 

 

?注文していた絨毯・キリムが届いたら


まず絨毯・キリムが届いたらすぐに封を開けて空気を入れてあげてください。 苦しい思いをして遠い国から来ています。 できればすぐにお日様に干してあげてください。 お天気が良くなければ室内(湿気のない場所)に広げてあげるだけでも違います。 
とにかく封を開けないまま放置せず直ちに空気を吸わせてあげてください。 
クッションカバーやプフなどももちろん同じです。 




?絨毯やキリムのお手入れ

基本的に普段のお手入れはこまめに掃除機をかけるだけで十分です。 
(時々床に砂のような繊維のようなものが落ちていることもありますが、それも日々掃除機を繰り返しかけてあげることによって知らない間になくなっています。)
そして時々裏もめくって風を通してあげてください。
床にピタッとくっついている裏は湿気がこもりやすいです。 
お天気の良い日は裏表2時間ずつでもお日様の下で干してあげると喜びます。 
ラグの色褪せを防ぎたい場合は日陰干ししてあげてください。

汚れがついてしまったときは羊毛は適度な油を含んでいるため、すぐ拭き取ればきれいに落ちます。
まずは綺麗な布で乾拭き。
それでも落ちない場合は中性洗剤またはペット用シャンプーを冷たい水で薄めたものを布につけ、毛並みに沿って優しく拭きとってください。

しかし2年に一度くらいはさっぱりと全体を洗いたいと思う人もいるでしょう。
そんな時は手織り絨毯専門のクリーニング屋さんにお願いして下さい。

ご自身で手軽にさっぱりさせる方法としては中性洗剤やペット用シャンプーを水で薄めたものを清潔な雑巾などに付けて全体を拭いてあげてください。 
その後しっかり干すと結構さっぱりすると思います。 
絨毯やキリムによっては色落ちするものもありますので見えにくい場所でテストしてから行ってください。 
 

日本の夏は湿気がすごいので定期的に干して風を通してあげてください。
西陽の強い時間に1時間だけでもお日様に当ててあげると殺菌効果も得られます。
長時間お日様に当てると色褪せしますので色褪せさせたくないラグは短時間当ててあげてください。

冬は加湿器の近くなどでは使わないでください。 
乾燥している季節ではありますが、加湿器の近くは匂ったりカビが生えたりします。 
そしてもちろん冬でも時々干してあげてください。 

季節問わずとにかく湿気がダメです。 
普段からそのことを頭に入れてお付き合いいただくと絨毯・キリムと仲良く共に暮らすことができると思います。
 

 

 

?このような方はご購入をお控えください。

ご家族(ペットを含む)に気管支系の病気やアレルギーのある方がいらっしゃる場合、においに敏感な方がいらっしゃる場合は手織りラグを購入されないことをお勧めいたします。
病気やアレルギーがなくてもそれに耐えることができなさそうならば購入されないことをお勧めいたします。
そして手織りラグは羊毛独特のにおいを感じる人もいるようです。 
それも繰り返しお日様に干してあげることでかなり柔和されるのですが、干しても干してもどうしてもダメな人もいらっしゃるようです。 
自分はにおいにはかなり敏感だと思われる方も購入されないことをお勧めいたします。
 

?最後に


ちょっと厳しく?書いてしまったかもしれませんが、絨毯やキリムの文化がある土地と日本ではかなりの湿度の差があるため、上手に愛でてあげないと台無しにしてしまう可能性が高いということを知ってほしいと思ったからです。 
本来ならば手織りラグとの暮らしはとても華やかで楽しいものです。 
まるでお花を育てるような気持ちで接してあげればきっとラグもいいコンディションを保ってくれると思います。 
一人でも多くの方にその素晴らしさを味わっていただきたいと思っています。 
とにかくラグは湿気が苦手ということを常に頭に入れておいてください。
初めての方で自分がラグと暮らせるか心配でしたら小さなものから試してみるとか、気になるラグがある場合はそのラグは自分の生活スタイルや使おうと思っている場所には適しているかなど不安な点を購入前に質問していただくなどなど、皆様と気持ちよくお取引させていただけたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。